Q. 学生教師とプロ教師、
どちらを選べばいい?

A. 家庭教師には、学生家庭教師とプロ家庭教師があります。それぞれに特徴があるので、どちらがいいとは一概に言えません。お子様にあった教師を選びましょう。

学生家庭教師のキーワード「親近感」

学生家庭教師はお子様との年代が近く、生徒にとって「教師でありながらお兄さんお姉さん」感覚で、親近感がもてます

学生家庭教師のキーワード「生徒目線で楽しく勉強」

教師のほうも、受験や定期試験の苦しみは自分が体験してきたばかりのことなので、より生徒目線で接することが出来ます。
感性が近く、楽しく勉強することができるので、勉強が苦手なお子様は、学生家庭教師でまずは勉強の楽しさを知るというのも、成績アップの効果的な方法です。

学生家庭教師のキーワード「志望校体験談」

自分の目標とする学校に通っている教師ならば、憧れの先輩でもあり、志望校での様子や、最新の受験体験談も直接聞くことができます。こうした話はモチベーションアップにつながります。

学生家庭教師のキーワード「安価」

プロ家庭教師と比較して、学生家庭教師は安価なのもうれしい特徴です。
安価ではあってもレベルもそれなりとは限らず、大手家庭教師センターなどでは、有名大学から優秀な学生教師を多数集め、指導力強化のセミナーなどを行い家庭教師としてのもう力を高める教育しています。学生でありながら、プロ教師に引けを取らない高レベルな指導ができる家庭教師も数多くいます。

プロ家庭教師のキーワード「経験豊富」と「最適な指導」と「学習ノウハウ」

プロ家庭教師は、指導経験が豊富で、実績も多く、実践から培われた学習ノウハウの蓄積もあります。さまざまな生徒に接してきた経験から、お子様のタイプに合わせ、最短ルートで成績が上がるよう、一番最適な方法・カリキュラムで指導します

プロ家庭教師のキーワード「確実で大幅な学力向上」

難関大学受験や中学校受験のプロなど、専門分野で大きな成果を出しているプロ中のプロが存在します。目標が定まっているならそれに合わせたプロ教師から学ぶことで、確実で大幅な学力向上が見込めます。

プロ家庭教師のキーワード「メンタルサポート」

また、プロ家庭教師が、多くの生徒とかかわって来たのは学習方法だけではありません。もちろんメンタル面でも生徒をサポート。成績が伸びない生徒の悩みを聞き、一緒に解決していくことで信頼関係を高め、意欲や成果の向上につなげています。

プロ家庭教師と学生家庭教師、それぞれを上手く利用する

プロ家庭教師と学生家庭教師、2種類の教師に学んで、成績アップを狙う方法もあります。プロ教師がメイン教師となって、カリキュラムを組み立てて課題を出し、安価な学生教師には復習を担当してもらう、という方法です。両者の特徴を掴んで、お子様にとって、一番最適な指導者を選ぶようにしましょう。

お近くのエリアから家庭教師センターを検索 Search

全国200教室の中からお近くの家庭教師センターを検索します。
都道府県ごとのランキング紹介も!!