Q. 有名な家庭教師センターは
やっぱりいいの?

A. 家庭教師センターの規模にもいろいろあります。全国展開している大手センター、各都道府県に展開しているような地域密着型の中堅センター、有名学校に目標を絞った少数精鋭のセンターなど、その特徴もさまざま。それぞれのセンターの特徴を比較して、お子様にとってベストな選択をしましょう。

どんなコースがあるのか? 決めかねているなら選択肢が多いところを選ぶ

何のために家庭教師をつけるのか? 最初は漠然と成績を上げたいというのでかまいません。しかし、まず最初の目標として、学力を全体的にアップさせたいのか、苦手分野の克服なのか、得意分野を伸ばしたいのか、定期テスト対策なのか、目前の受験対策なのか。実は、それによって学習方針やカリキュラムも変わってきます。また実力が付けば目標そのものが変わってくることもあるので、選択肢が多いほうがよいでしょう。その点からいえば、大手センターなら、さまざまなコースが用意されているので安心です。たとえば、受験対策コースや苦手科目克服コース、中高一貫校サポートコース、部活両立コース等。もちろん、途中変更も可能です。

地域密着型なら、地元ならではの情報を得られる

志望校の受験対策のため、というように、目標がすでに決まっているなら、その地域の中堅センターなどもよいでしょう。地域に密着したセンターならば、地元ならではの詳しい情報を収集してノウハウを確立しています。大手でも各地域にサポート拠点があるセンターは、同様の情報網が期待できます。ただし大手の中には、サポートセンターが大都市にしかない場合もありますので、確認しておくとよいでしょう。

教師の数は大手、質は審査基準を確認してみる

教師の数からいえば、大手センターが圧倒的に多く、さまざまな教師を選べるという点で優れています。さらには、教科ごとに担当教師を代えられるセンターもあります。「東大出身者に教えてもらいたい」など、ハイレベルの教師にこだわりたい場合は、教師の採用審査基準を確認するようにしましょう。

各センターの特徴を比較して選ぶ。体験授業や各種キャンペーンも利用

有名な家庭教師センターでは、大手も中堅も、カリキュラムやノウハウ、サポート体制がしっかりと確立しています。それぞれに特徴がありますので、ホームページや資料請求で事前に確認しましょう。気になったところがあれば、どんなささいなことでも問い合わせましょう。また、体験授業や入学金無料キャンペーンなど、さまざまなサービスもあります。それらを上手に利用して、目的に合ったセンターを選びましょう。

お近くのエリアから家庭教師センターを検索 Search

全国200教室の中からお近くの家庭教師センターを検索します。
都道府県ごとのランキング紹介も!!