Q. 家庭教師と塾、どちらがいいの?

A. 家庭教師には家庭教師、塾には塾のメリットがあります。
それぞれの性格に向いているのはどちらか、比較して利用するのが賢い方法です。

【家庭教師のメリット1】
マンツーマンで個性に合わせた学習方法をカスタマイズ

まず、家庭教師のメリット。なんといっても、1対1の指導であるということが最大の特徴です。マンツーマンによって、1対多人数の塾では厳しい、きめ細やかな指導・学習が可能となります。

それぞれの個性・性格に合わせた指導方法、理解度に合わせた学習ペース、苦手科目・得意科目を考慮した効率のいい勉強方法など、ひとりひとりにあわせた学習方法をカスタマイズできるのも、家庭教師ならではのメリットです。

【家庭教師のメリット2】
つまずいている部分、試験対策、受験対策など、臨機応変に対応してくれる

大勢の中で一緒に勉強しているだけでは、自分がどこでつまずいているのかを生徒自身が気づくのは難しく、教えている教師は教室の中の一人が「つまづいている」ことにすぐに気づけないこともあります。家庭教師なら、お子様が理解できないところをその場で見極めて、お子様が十分に理解するまで、とことん指導していきます。

定期テストの時期には、出題範囲に合わせた試験対策の学習をしたり、短期間で伸ばしたい教科があればその科目の強化に焦点を当てて勉強したりと、臨機応変に勉強する内容を変えて生徒ひとりひとりに対応できるのも魅力のひとつです。

【家庭教師のメリット3】
時間の融通が利き、効率的。親の目も届きやすい。

自宅で学習するので、親の目が届きやすい点も安心です。また、部活や習い事などで時間がない、生活が不規則になりがちという場合も、家庭教師なら生徒ひとりひとりの時間を合わせることができます。通塾する必要もない分、時間を有効に使えます

【家庭教師のメリット4】
学校や塾では質問できないお子様も、家庭教師ならどんどん質問できる。

大勢の中ではソワソワして勉強できない、人前で質問するのが苦手という性格のお子様もいらっしゃいます。その場合は塾で勉強するよりもむしろ、家庭教師のほうがはるかに効果的です。お子様にとっても、マンツーマンでコミュニケーションをとる家庭教師は、信頼度の高い存在です。信頼できる教師に安心して質問ができれば、苦手科目の克服も容易になります

【家庭教師のメリット5】
お子様と相性のいい家庭教師をプロが選定。万が一合わなくても変更は簡単。

万が一、家庭教師の先生と会わなかったら?という不安があるかもしれませんが、家庭教師センターを利用すれば、その心配も無用です。センターの専門担当者が事前に、お子様にふさわしい教師を選択するため、面談の上、学力のほか性格や目標までしっかりとリサーチしますし、合わないと思えば変更も簡単です。

【塾のメリット1】
合格ノウハウに基づく、オリジナルのテキストやカリキュラムをつかった指導。

一方、塾のメリットを見てみましょう。
受験のための「進学塾」や学校の授業に対応する「学習塾」などの種類はありますが、多くの塾では、オリジナルのテキストを使って指導が行われます。というのも、それぞれの塾が受験の合格ノウハウを持っているため、そのノウハウに沿ったカリキュラムが組まれていることが多いのです。志望校などはっきりとした目的意識を持っているお子様や、理解力が高く有名講師によるハイレベルな授業を受けたいというお子様は、塾が向いているといえるでしょう。

【塾のメリット2】
集団の中で頑張れるタイプ、競争心があり社交的なら塾で学ぶのもいい。

大勢の中で積極的に発言できるタイプ、競争心があり社交的な性格のお子様にとっては、塾で学ぶほうがよい場合も多々あります。お子様が「ライバルがいると燃える!」というタイプだと思われるなら、塾のほうが効果的かもしれません。

【塾のメリット3】
一般的に授業料が安いので、経済的にも安心。

また、大勢で授業を受けるため、家庭教師よりは一般的に授業料が安くなる場合が多いのも塾の特徴です。経済的な面からみると大きな魅力のひとつといえます。

家庭教師のメリットは塾のデメリットであり、塾のメリットは家庭教師のデメリットでもあります。
それぞれに長所と短所がありますが、たとえば両者を併用することも可能です。
お子様の性格や状況、条件などをよく検討し、両者を効果的に利用して、お子様の学力アップのために最良の方法をとりましょう。

お近くのエリアから家庭教師センターを検索 Search

全国200教室の中からお近くの家庭教師センターを検索します。
都道府県ごとのランキング紹介も!!